車検費用の相場はどれくらい?業者ごとにチェック!

3年毎に新車に乗り換え

軽自動車の車検を行う業者は色々あります。

 

それぞれの車検費用の相場は、どれぐらいなのでしょうか。

 

『ディーラー』に出すと…

 

自動車メーカーの正規ディーラーで受ける車検のことを、ディーラー車検と言います。

 

ディーラーで新車を買った場合、3年間経った頃には必ずと言っていいほど車検の案内が来ます。

 

軽自動車をディーラー車検した場合は、もちろんディーラーや車種によって違いますが、6万円〜8万円程かかると思ってください。

 

他の種類の車検に比べてディーラー車検は高く、また車検期間が長くなりますが、それ故のメリットもあります。

 

自社ブランドを傷付けないために整備は非常に丁寧ですし、交換部品に純正品を使うので故障しにくくなります。

 

車検費用は高くても、長い目で見ると安くなることもあるでしょう。

 

 

『車検専門店』に出すと…

 

最近では車検専門店が増えてきました。

 

車検専門店で軽自動車の車検を受けると、費用は5万円〜6万円程度でしょう。

 

もちろん、修理箇所や交換部品が多くなれば、もう少し高くなる場合もあります。

 

車検専門店のメリットは、競争が激しいためにサービスが行き届いているということです。

 

また、メーカーに関係なく車検をしてくれて、1日車検や1時間車検といった非常に早い車検が可能なのも魅力ですね。

 

デメリットは、車検のため以外の整備は断られる可能性があります。

 

「ついでに部品交換してもらおう」と思っても、断られるかもしれません。

 

 

 

 

『カー用品店』に出すと…

 

様々な車の部品やアクセサリーを買うために、カー用品店を利用する人は多いでしょう。

 

もちろん、カー用品店でも車検を受けることができます。

 

カー用品店での軽自動車の車検は、5万円〜6万5千円程度が相場でしょうか。

 

最大のメリットは、部品が豊富なうえに格安で購入出来るところです。

 

また、カー用品店の会員だったりポイントカードを持っていたりする人は、さらなるサービスを受けられる場合もあるでしょう。

 

デメリットは、ディーラーや車検専門店などに比べると、整備能力はやや劣る傾向にあります。

 

 

『民間整備工場』に出すと…

 

知り合いに民間整備工場を経営している人がいると、そこに車検を依頼する人も多いでしょう。

 

民間整備工場で軽自動車の車検を受ける場合、業者によってかなり値段の幅があります。

 

7万円前後といったところでしょう。

 

民間整備工場のメリットは顔馴染みである場合が多いため、ある程度の融通が利くのです。

 

また予算に応じた車検を行ってくれる業者もあるでしょう。

 

デメリットは、工場の質はバラつきがあり、最新システムに対応できず車検を断られる場合もあります。

 

 

『ガソリンスタンド』に出すと…

 

ドライバーが最も多く利用する車関係の店と言えば、ガソリンスタンドです。

 

多くの人は同じガソリンスタンドを利用するので、そこで車検を受ける人も少なくないでしょう。

 

ガソリンスタンドでの軽自動車の車検は、5万5千円〜6万円程度が相場と言えます。

 

受ける人の多くは常連客で、ポイントが付いたりガソリンやタイヤの割引があるなどのメリットがあります。

 

デメリットは、特殊工具がないなど、車種や整備内容によっては出来ない場合があります。

 

 

『車検代行』に出すと…

 

自分で軽自動車検査協会へ行って車検を受けることをユーザー車検と言いますが、それを代わりにやってくれる業者が車検代行です。

 

車検代行に車検を依頼すれば、手数料だけで約1万円でしょう。

 

法定費用と合わせても4万5千円くらいで済み、あらゆる車検の方法と比べても、ユーザー車検以外では最も安くなります。

 

デメリットは、点検整備は行ってくれないので、万が一車検に通らなかった場合は整備からやり直しになるという事です。

 

そうなると、手間も費用も通常よりかかってしまいます。

 

定期点検がしっかり行われている車でないと、不安ですね。

 

 

車検費用を安く抑えるためには?

 

軽自動車とはいえ、車検費用は家計を直撃します。

 

少しでも安く抑えるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

整備内容を確認した上で業者選びが大事

 

車検業者には、「〇万円での車検が可能!」と安さを宣伝文句にしている店があります。

 

しかし実際に車検を受けてみると、「それよりも遥かに高い車検代がかかってしまった!!」という話を聞いたことはありませんか?

 

業者が謳っているのは最低料金あるいは相場で、必ずしも車検がその金額で済むと保証しているわけではありません。

 

整備があまり行き届いていない車は、車検でも多額の費用がかかります。

 

しかし、丁寧に整備していても車検費用が高くなることもあるんです。

 

業者によっては、交換しなくてもいい部品まで交換して、車検費用が高くなる場合があるので要注意です!

 

それを防ぐためには、事前に整備内容を確認しましょう。

 

さらに、最近では立ち合い車検を行う業者も多くなりました。

 

立会い車検は、整備士さんと一緒に車の状態を確認し整備内容を決めていくので、無駄な整備費用を防ぐことが出来ます。

 

 

ディーラー以外は、交換部品を保証付き中古品にできる

 

ディーラー車検が高くつく理由に、交換部品に純正品を使うという点があります。

 

純正品を使用すると故障しにくくて良いのですが、車のオーナーによっては純正品ではなくても安全さえ確保されていればいいと思う人も多いでしょう。

 

そういう人は、業者に「交換部品は保証付き中古部品にして欲しい」と頼んでみてはいかがでしょうか。

 

中古品とはいえ保証付きなので、安全性については問題ありません。

 

もちろん中古品は新品よりも安くつきます。

 

ディーラー車検では無理でしょうが、それ以外の業者なら申し入れる価値はありますよ。

 

 

自分で点検できる人は「ユーザー車検」がお得!

 

最も安い車検は、自分で行うユーザー車検です。

 

業者を通さないので手数料がかかりません。

 

ユーザー車検で必要なのは法定費用のみなので、軽自動車の場合は約3万4千円で済んでしまいます。

 

ただし、これには24ヵ月定期点検が含まれていないので、自分で別途行わなければなりません。

 

また、ユーザー車検を受けるのは軽自動車検査協会ですが、行っているのは平日のみで要予約です。

 

さらに再検査となると、これ以上の費用がかかる可能性があります。

 

それでも自分で点検できる人、車検費用を少しでも安く抑えたい人は、ユーザー車検を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

「オイル交換」など、日頃のチェックも大事

 

車検代を少しでも安くするためには、修理箇所や交換部品を少なくすることが大切です。

 

そのためには、日頃から車のチェックをしておきましょう。

 

特に、オイル交換をこまめにすると車も故障しにくく長持ちしますしに、エンジンを見ておくと車の状態が分かるようになります。

 

オイル交換は簡単にできますので、定期的に行ってください。

 

 

 

軽自動車の車検費用は普通自動車よりも安い?

3年毎に新車に乗り換え

軽自動車の車検費用は普通自動車よりも安いというイメージがありますが、本当でしょうか。

 

自賠責保険料や自動車重量税が安くて済む

 

軽自動車が普通自動車よりも車検費用が安い理由に、自賠責保険料や自動車重量税の違いがあります。

 

24ヵ月の自賠責保険料は普通自動車の25,830円に対し、軽自動車は25,070円とやや安くなっています。

 

普通自動車の重量税は車両重量によって違いますが、軽自動車では一律で、非エコカーで新車から13年未満の場合は以下をご覧ください。

 

軽自動車 6,600円
0.5tまで 8,200円
1tまで 16,400円
1.5tまで 24,600円
2tまで 32,800円
2.5tまで 41,000円
3tまで 49,200円

 

軽自動車の重量税は、小型車と呼ばれる1tまでの普通自動車と比べても約1万円も安いわけです。

 

軽自動車の車検費用が普通自動車よりも遥かに安い理由が分かりますね。

 

 

点検費用や完成検査料も一般的には安くなる

 

軽自動車は車体やエンジンが小さいため、タイヤなどの交換部品が安かったり、オイルの量が少なく済んだりするのです。

 

そのため点検費用や完成検査料も安くなり、車検費用を抑えられます。

 

 

 

車検費用が高くなるケースって?

 

軽自動車だからといって、車検費用が必ず普通自動車よりも安くなるわけではありません。

 

修理や交換部品の供給の点で10年経つと高くなる傾向にある

 

車も長年乗っていると、故障箇所が増えてきます。

 

特に軽自動車は車自体が小さいため、長く走るとそれだけ無理が生じてくるでしょう。

 

軽自動車でも新車から10年経つと、修理や交換部品の関係で車検費用も高くなってしまいます。

 

古い車は交換部品の供給ができなくなる可能性があるので、整備費用が高くなるのです。

 

 

新車から13年経つと、重量税も増える

 

古い車は、重量税も見逃せません。

 

非エコカーで新車から13年未満の軽自動車の重量税は6,600円です。

 

しかし、13年以上18年未満になると8,200円、18年以上経つと8,800円になります。

 

車検を受ける際には、よく覚えておいてくださいね。