車検で必要なものはこの4つ!ダッシュボードで確認しよう

 

車検で必要なものって何だっけ?

 

とちょっと不安になったあなた。

 

車検に必要なものは以下の4つです。

 

ダッシュボードなどにまとめて入っているはずなので確認してみてください。

 

 

もし紛失してしまった場合は再発行が必要なので、なるべく早めに手続をしましょう。

 

必要なもの 紛失したときの対処法
車検証 陸運局(軽自動車検査協会)で再発行
納税証明書 陸運局または税事務所にて再発行
自賠責保険証 保険会社(代理店)にて再発行
認印

 

 

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

自動車検査証(車検証)

 

車検に出すときに必要なものを教えて!紛失した場合の対応は?

 

自動車検査証は、自動車を保有するうえにおいて最も重要な書類と言っても過言ではありません。

 

 

自動車検査証ってどんな書類?

 

自動車検査証は一般的に車検証と呼ばれています。

 

その名の通り、車検を受けた際には必ず発行される書類です。

 

 

車を運転する時には、必ず携行しなければなりません。

 

車にとっての身分証明書と言えるでしょう。

 

 

車検証をなくした場合はどうすればいい?

 

車上荒らしなどにあって、車検証を紛失してしまうことがあります。

 

その場合は、車検証を再発行しなければなりません。

 

 

再発行する場所は、その車のナンバープレートを管轄する所です。

 

普通自動車では陸運支局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会となっています。

 

 

これらは平日のみしか受け付けていないので、時間が取れない方はディーラーなど代理人に依頼しても構いません

 

 

普通自動車の車検証の再発行には、以下のような物が必要です。

 

 

・身分証明書
・再交付申請書 OCRシート第3号様式
・手数料納付書
・認印
・理由書

 

 

身分証明書は運転免許証やパスポート、マイナンバーカードで構いません
このうち、再交付申請書は陸運支局に備え付けています。

 

手数料納付書は陸運支局で購入するものです。

 

理由書は国土交通省のサイトからダウンロードして、必要事項を記入してください。

 

紛失ではなく、車検証の汚損などにより再発行する場合は、車検証の原本も返納しなければなりません。

 

なお、再交付手数料は300円です。

 

 

代理人に委託する際には、本人の押印がある委任状と代理人の身分証明書も必要です。

 

業者に代理人を依頼する場合は、3,000円から10,000円ぐらいの費用がかかるでしょう。

 

 

軽自動車の車検証の再発行

軽自動車での車検証の再発行に必要なものは以下の通りです。

 

・身分証明書
・再交付申請書 軽第3号様式
・認印

 

 

再交付申請書の様式が違うこと以外は、普通自動車と基本的には変わりません。

 

なお、軽自動車の場合も再交付手数料は300円となっています。

 

 

納税証明書

 

車検に出すときに必要なものを教えて!紛失した場合の対応は?

 

車検のときに必要な納税証明書とは自動車税納税証明書のことで、所得税や住民税などは関係ありません。

 

 

納税証明書ってどんな書類?

 

自動車税納税証明書とは、毎年5月前後に届く半券です。

 

納税証明書では自動車税の納税はもちろん、車が国の基準を満たしていることや、自賠責保険に加入していることも証明されます。

 

 

紛失してしまった場合、再発行場所は普通自動車と軽自動車では違うので注意しましょう。

 

 

普通自動車→各都道府県税事務所、もしくは自動車税管理事務所
軽自動車→各市町村の役場または出張所

 

 

自動車税の納税確認の電子化により不要になるケースが多い

 

最近では書類の電子化あるいはペーパーレス化により、納税証明書が不要になるケースが増えてきました

 

もちろん業者によっては、納税証明書が必要な場合もあります。

 

そのため、大切に保管してください。

 

 

特に自動車税の納付直後に車検を受けた場合、システムに納付情報が反映されるまでは約10日かかるので、納税証明書が必要な場合があります。

 

また、軽自動車や小型二輪自動車の場合は管轄が各市町村となるため、これまで通り納税証明書が必要です。

 

たとえ電子化されても、納税証明書は紛失しないようにしましょう。

 

 

自賠責保険証

 

車検に出すときに必要なものを教えて!紛失した場合の対応は?

 

車を運転する際には自動車損害賠償責任保険、いわゆる自賠責保険と呼ばれる強制保険の加入が義務付けられています。

 

 

自賠責保険証は車の購入時や車検時に発行されますが、ユーザー車検の場合は自分で自賠責保険に加入する必要があります。

 

任意保険の証明書ではないのでご注意ください。

 

 

自賠責保険翔をなくした場合の再発行の手順は?

 

自賠責保険証を紛失しても、再発行は可能です。

 

加入している保険会社か代理店に連絡してください。

 

 

ただ任意保険と違い、自賠責保険はどの保険会社なのかわからない人も多いでしょう。

 

その場合は、車を購入した店に問い合わせれば教えてもらえます。

 

自賠責保険の再発行に必要なものは、以下の通りです。

 

 

・身分証明書
・自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書
・実印

 

 

なお自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書は、保険会社か代理店でもらうことができます。

 

自賠責保険証の再発行には、約1週間かかります。

 

手続きは日にちに余裕を持たせてください。

 

再発行の費用については、保険会社によって違いますが無料の会社が多いようです。

 

 

その他に必要なもの

 

車検の際には車検証や納税証明書、自賠責保険証が必要ですが、他に必要なものはないのでしょうか。

 

 

認印

 

公的な書類を提出する際、必ずと言っていいほど印鑑の押印を求められます。

 

ところが実は、車検に関しては印鑑は必ずしも必要ではないのです。

 

現在では欧米のように、自筆のサインでも構いません。

 

 

とはいえ、業者によっては印鑑の押印を求められる場合もあります。

 

印鑑を携帯しておいた方が無難でしょう。

 

この際、実印ではなく認印で結構ですが、俗にシヤチハタと呼ばれる朱肉と一体型のスタンプ式印鑑は認められません。

 

 

定期点検整備記録簿(車検に必要ないが車内での保管義務あり)

 

車検に出すときに必要なものを教えて!紛失した場合の対応は?
定期点検整備記録簿というのも耳馴染みがないかもしれません。

 

12ヵ月点検や、24ヵ月点検の際に検査員が記録する書類のことです。

 

 

業者で車検を受けた場合は、大抵は車検証と一緒に入っているでしょう。

 

車検の際には必要というわけではありませんが、ユーザー車検では必要となる場合があります

 

 

罰則がないとはいえ、定期点検整備記録簿は車の運転の際に常時携帯することが義務付けられています。

 

車検証と一緒に車内に保管しておいてください。

 

 

 

ユーザー車検もいくつかの書類が追加で必要になる

 

ユーザー車検とは、自分で陸運支局や軽自動車検査協会へ行き車検を受けることです。

 

以下の物が必要となります。

 

 

・車検証
・自動車損害賠償責任保険証明書
・自動車納税証明書
・定期点検整備記録簿
・自動車検査票
・自動車重量税納付書
・継続検査申請書

 

基本的には通常の車検と同じですが、当日に赤色の書類が必要になります。
車検場に行ったら必要書類に記入して、重量税や自賠責保険料を払いましょう。

 

重量税を支払うと、納付書がもらえるので、それを提出します。

 

 

車検に車庫証明は必要ない?

 

車検の際に、車庫証明は必要なのでしょうか。

 

 

 

結論から言えば、車検と車庫証明は関係ないので、車検の際に車庫証明は必要ありません

 

ただし、車庫証明は車を所有する限り必要です。

 

 

以前は軽自動車に関しては車庫証明の必要はなかったのですが、現在では地域によって軽自動車でも車庫証明が必要となっています

 

そして、住所変更の際は車庫証明が必要となるので気を付けてください。

 

 

引っ越しと車検の時期が重なれば、面倒な手続きを1度で済ませることができます。

 

住所変更した場合は、車検と一緒に車庫証明も取っておきましょう。

 

 

まとめ

長々と書いてきましたが、車検に必要な書類はきっとダッシュボードに揃っているはずです。

 

  • 車検証
  • 納税証明書
  • 自賠責保険証

 

上記の3つの書類があれば問題ありません。

 

もし紛失してしまった場合は、再発行の手続きが必要になります。

 

車検が切れるギリギリだった場合は、再発行も代行してしまったほうが早いかもしれません。
紛失した旨を車検業者に相談してみてください。