カードで車検費用の支払いはできるの?

 

3年毎に新車に乗り換え

 

車検の支払い方法は、現金払いが基本と聞いたことがある人もいると思います。

 

では、カード払いはできないのでしょうか。

 

「法定費用分」は当日払いのため、現金での支払いが一般的

 

車検費用の内訳は、大きく「法定費用」と「車検基本料」の2つに分かれています。

 

法定費用というのは自賠責保険料、自動車重量税、印紙代から成り、基本的にはどの業者でも金額は変わりません。

 

一方の車検基本料は、業者や車の状態によって変わり、これが業者にとっての利益となります。

 

法定費用は国に納めるお金なので、現金での当日一括払いが基本です。

 

ですので、クレジットカードでの支払いとなると、業者が一旦立て替えて支払わなければいけないので、大きな負担になってしまいます。

 

また、法定費用は一律で決まっているので、クレジットカード払いの手数料を負担しなくてはいけないため損をしてしまいます。

 

そのため、法定費用の支払いを現金払いにする業者が多いのです。

 

 

全額をカードで支払うには、対応しているお店探しが必要

 

車検基本料ならカード払いできるのかと言えば、そうとも限りません。

 

車検費用の支払い方法は、カード対応している業者としていない業者があるからです。

 

車検が近付いているのに現金が用意できない方は、業者に問い合わせてください。

 

せっかく車検の予約が取れたのに、現金払いのみだったので車検を受けられず、車検切れになってしまっては大変です。

 

業者の中には車検費用の全額をカード払いできる所もあるので、探してみましょう。

 

 

「クレジットカードの使用が可能!」のお店も要注意!

 

クレジットカードに対応している車検業者なら、カード払いが出来ます。

 

ただし、クレジットカードに対応しているのは車検基本料のみで、法定費用には対応していない業者が多いので要注意です。

 

法定費用は業者に入るわけではなく、国に支払うお金なので現金払いが一般的です。

 

クレジットカード対応を謳っている車検業者でも、カードで支払いができるのは法定費用以外の車検基本料のみである場合が多いので、しっかり確認しましょう。

 

 

 

カードを使えるかどうかは、業者によって異なる

 

車検の支払い方法にカード払いを採用しているかどうかは、業者によって異なります。

 

ユーザー車検や車検代行業者はカード使用が難しい

 

車のオーナーが自ら運輸支局や軽自動車検査協会へ行って車検を受けることを、ユーザー車検と言います。

 

ユーザー車検の費用は、法定費用のみになります。

 

したがって、ユーザー車検ではカード払いはできないというわけです。

 

また、車検代行業者に依頼する場合も、基本的にはユーザー車検と変わりません。

 

そのため、支払い方法にカード払いは選択できないでしょう。

 

ただし、代行手数料に関してはカード払いに対応している業者もあります。

 

 

ディーラーや大手用品店・専門店は使えるケースが多い

 

最近では電子マネー化が進み、多額の現金を持ち歩かない人も増えてきました。

 

車検の支払い方法も、かつては現金のみという業者が少なくなかったのですが、最近ではクレジットカードに対応している業者が多いようです。

 

特に自動車メーカーと関係の深いディーラーや、大手のカー用品店および車検専門店はカード対応している店舗が多いでしょう。

 

しかし、やはりカード払いができるのは車検基本料のみで、法定費用は現金払いという業者がほとんどです。

 

一部には、法定費用も含めた車検費用を全額カード払いできる業者もあります。

 

ただし、自社発行のクレジットカード限定、クレジット払い手数料負担、車検基本料が割高などと、業者や店舗によって条件などは異なるので事前に問い合わせて確認しましょう。

 

 

 

分割払いや後払いはできるの?

3年毎に新車に乗り換え

高額な車検費用を、一括で支払うのは大きな負担になります。

 

分割払いや後払いが可能なのか、気になるところですね。

 

カードが使える業者では、分割払いも可能

 

最近では車検費用をカード払いできる業者が増えてきましたが、そういう業者では分割払いも可能でしょう。

 

ただし、その場合でも法定費用だけは分割払いできない業者が多いようです。

 

しかし、中には法定費用を含めた車検費用全額を分割払いできる業者もあるので、確認してみましょう。

 

とはいえ、業者にとっても分割払いを認めながら最後まで支払われずに逃げられると困ります。

 

初めて車検を受けるときは、カード払いでも一括のみという業者も多いようです。

 

親しい人が経営している整備工場で車検を受ける際には、分割払いを認めてくれる場合もあるので、相談してみるといいですよ。

 

また、現金での分割払いが可能な業者もあるので、事前に調べてみましょう。

 

 

ローンを組んで分割払いに対応することも可能

 

ディーラーや大手カー用品店、および車検専門店ではカード会社や信販会社と提携している場合が多いです。

 

そうすると、ローンを組んで車検費用を分割払いにすることが可能な場合があります。

 

カード会社や信販会社にとっても、ローンで支払ってくれる方が金利を得ることができるのでありがたいわけです。

 

またカードによっては、マイカーを購入する場合と同じようにオートローンで車検費用を支払うこともできます。

 

その場合は、正確な見積もりと審査が必要になります。

 

一つの方法として覚えておくと良いですね。

 

 

信頼関係によっては後払いを認めてくれる業者もあり

 

初めて会った人にお金を貸すことはできないように、車検業者にとっても初めての客に後払いを認めるケースはほとんどないでしょう。

 

しかし、何度もその業者で車検を受けてきちんと車検代を遅延なく支払っているとします。

 

既に信頼関係ができている場合は、後払いを認めてくれることもあります。

 

あなたが得意客となっている業者や、店の人と親しい場合は後払いできるか相談してみてください。

 

ただし、その場合でも法定費用は当日払いのことが多いようです。

 

 

 

クレジットカードを利用する場合の注意点

 

クレジットカードを使用する場合は割高になる可能性があるので、支払い方法には注意する必要があります。

 

全額カード払いができる業者は車検費用自体が高い場合がある

 

業者によっては、車検費用にカード払いを勧めてくる場合があります。

 

その業者はおそらく、カード会社や信販会社と提携しているからでしょう。

 

ユーザーにとって車検費用の支払い方法をカード払いにする理由は、現金を用意しないで済むという以外に、ポイント還元が付くというメリットがあります。

 

しかしカード払いができる業者は、クレジットカード使用分の手数料が加算されるため、車検費用が高くなる場合があることを忘れないでください。

 

ポイント還元が付いても、それ以上に車検費用が高くなったのではカード払いにする意味がありません。

 

カード払いと現金払い、どちらが得になるかよく調べてから決めましょう。

 

 

ポイント還元を含めて、トータルコストを考えよう!

 

カード払いのメリットはポイント還元があることですが、それよりも車検代が高くなっては損してしまいます。

 

また、ポイント還元が高くて総額で得になったとしても、そのポイントを使う機会がなければ宝の持ち腐れですね。

 

とはいえポイント還元の高さは、カードを利用する大きな特典でもあります。

 

車検費用ともなると10万円前後の金額となるので、ポイント還元率が高くなればなるほど多額のポイントが貯まるわけです。

 

クレジットカードのポイントをよく利用する人にとっては、大きな魅力でしょう。

 

 

 

ユーザーが普段、ポイントを利用しているのか否か、それによっても得になる支払い方法は変わってきます。

 

いずれにしても、まずは色々な業者で見積もりを取り、比較しながらどの支払い方法がいちばん得か考えましょう。

 

ポイントをあまり使わない人ならば、手数料のかからない現金払いが最も安くなるでしょう。

 

やむを得ず分割払いにする場合は、ポイント還元の高さも視野に入れなければなりません。

 

現金を用意することができるのならば、業者と交渉して値引きに成功する場合もあります。

 

カード払いにする場合は、できるだけポイント還元の高いクレジットカードを使用しましょう。

 

トータルコストで得をする支払い方法を見つけましょう。